ホーム
京都教習所
受講案内
個人のみなさまへ 「一般教育訓練給付金」制度のご案内

個人のみなさまへ 「一般教育訓練給付金」制度のご案内

教育訓練給付制度とは

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)をハローワーク(公共職業安定所)から支給されるものです。
(※支給要件期間3年以上 但し初回に限り、1年以上で受給可能)

受給条件

下記のどちらかに該当する方です。

  • 雇用保険の被保険者(通算3年以上)
    受講開始日において雇用保険の一般被保険者である方(在職者)のうち、支給要件期間が3年以上ある方(初回に限り、被保険者期間 1年以上)
  • 雇用保険の被保険者であった方(通算3年以上経過後1年以内)
    受講開始日において一般被保険者でない方(離職者)のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までの期間が1年以内であり、かつ、支給要件期間が3年以上ある方(初回に限り、1年以上ある方)

ハローワーク(公共職業安定所)で「支給要件照会」を行う事により、給付金の受給資格があるかどうかをご確認できます。

教育訓練給付制度対象コース

講習科目 コース(H) 日数(日) 受講料
(講習料+教本代)
受講資格
フォークリフト運転技能講習 31H 4日 42,000円 自動車免許(普通・中型・大型)または大型特殊自動車免許(カタピラ付限定)の保有者で、フォークリフトの運転経験がない方
玉掛け技能講習+小型移動式クレーン運転技能講習 19H+16H 6日 63,000円 18歳以上の方
車両系建設機械(整地、運搬、積込み用及び掘削用)運転技能講習 38H 5日 100,000円 18歳以上の方

利用の手続き

  1. 予約の際に教育訓練給付金を利用することを告知してください
  2. 受講します(受講料は一旦教習所へ全額お支払いいただきます)
  3. 受講終了後、請求に必要な書類をお渡しします
  4. 請求書類をハローワーク(公共職業安定所)へ提出してください(講習修了後1ヶ月以内)
  5. 審査後、ハローワーク(公共職業安定所)より給付金が振り込まれます

※虚偽の申告等により不正受給を行った場合、助成金を返金することになり、且つ以後の助成は受けられなくなります
※1回の受講で、建設教育訓練助成金と共に別の助成金を申請されますと、支給されない場合がございます
※助成金は、複数講習(複数回数含む)にも適用となります

受講前にご確認ください

ご予約をされた方は必ずお読みください。

講習時間をご確認いただけます。



このページのトップへ